[Sprite Journal 2005 Autumn-Winter]

このページは高高度発光現象(TLE)の2005年秋〜冬の観測記録、スプライトジャーナルです。

雷放電に伴う高高度発光現象にはスプライト(Sprite)、エルブス(Elves)、ブルージェット(Blue jet)などがあります。

これらは瞬間的な発光現象であるため、その存在が確認されたのは1990年です。高光度発光現象は、高度40km〜90kmと非常に高い高度で発生しますが、極めて巨大な現象であるため、数100km離れた地点からも観測することができます。

関連リンク


[2005年観測時刻データ]

2005年のTokyo1における全TLEの観測時刻一覧表を作りました。気象条件の研究などにご利用ください。

TLE-JTK1-2005A.csv (44KB) (2005年 SonotaCo Network Tokyo1 TLE自動観測記録)

形式は以下となっています。 MJDは観測日時の準ユリウス日です。データのソートなどにご利用ください。

Azは北原点東回り方位て、Altは仰角ですが、以下のデータは自動観測データなので、雷光を拾っている場合が多く、±20度程度の誤差かあります。-1は自動測定不能であった場合です。カメラのおよその向きを知るデータとしてのみご利用ください (尚、実現時期未定ですが個々のクリップの手動分析結果に基づくより正確な方位仰角とスプライトの発生位置を含むデータを作成する計画があります)。

学会発表等では、データ名: "TLE-JTK1-2005A" 出典: SonotaCo Sprite Journal 2005 A-W ,http://sonotaco.sub.jp/" を表記していただければ自由に利用して下さって構いません。 もちろん発表した学会などお知らせ頂ければ嬉しいです。

[2005/12/26-27]

低気圧が北海道東方へ過ぎ、天候は安定し、発雷は昨日に比べて激減しました。しかし、単発の雷によるスプライトが観測されました。

所謂「一発雷」によるスプライトでしょうか。

突然この1イベントだけ発生しました。

塩尻のmasuzawaさんと同時観測が成功し、正確な位置が算出できました。

羽は4.4km程の広がりでした。

三角測量で発生地点を求め、その距離から求めたこのスプライト各部の高度です。

[2005/12/25-26]

25日夜は日本海側は大荒れで、秋田では突風で特急列車が転覆するという事故がありました。

ITOさんが3連カメラで鮮明なフィラメント構造のキャプチャに成功されています。uyamaさんも複数イベント観測されています。発生時刻一覧などはこちらにあります。

この夜のスプライトの明るいものを掲載しておきます。

北西

北西、uyamaさんと同時観測のものです。
北西
ほぼ真北
北北西
M20051225_203814_TK1_S9.wmv
北北西から北

ITOさんと同時観測のものです

北西
これはスプライトではありませんが、この夜はこのような移動しながら連続する雷が多数ありました。

M20051225_211237LT.wmv

上記イベントのカメラカメラによる観測です。カメラの仰角が高すぎて、上端しか映りませんでした。
北西
北北西
北西
北西
北西

[2005/12/21-22]

強い寒気団が列島上空に入り、低気圧が通過し、各地で再び大雪になりました。鹿児島では88年ぶりの降雪とのことです。

夕刻から各地の雷光が観測され始め、スプライトも各地で発生しました。

東京も曇りから雨、雪の予報でした。20時までは4台のカメラで観測していましたが、天候悪化に伴い、以降は一台のみでの観測でした。

ところが、夜半過ぎからは晴れ、未明にはこれまでにない巨大な発光現象が観測されました。

この巨大スプライトは長野県塩尻のmasuzawaさんと同時観測になっており、発生位置を求めることができました。

こちらに塩尻からの記録をmasuzawaさんが掲載してくださっています。

2005/12/22 05:32:56 (JST)のイベントの3フレームを重畳した全体画像です。

フィールド毎 アニメーションGIFはこちら

東京世田谷からの測定点です。
塩尻のmasuzawaさんとの三角測量結果です。

なんと巨大スプライトは直径30kmという大きさでした。

東京からの測定データです。高度HはPos17を除き三角測量で求めたものです。

このイベントの下端は東京からは視野外でしたが、塩尻からは雷光と繋がって判別不能でした。

イベントの高さは東京から見えた分で50kmあります。

雷雲のすぐ上から電離層まで一気に放電する現象には巨大ジェット現象がありますが、今回の現象はジェット現象と比べると継続時間が極めて短く、新種の発光現象の可能性があります。当面Gigantic Sprite(巨大スプライト) と呼ぶことにします。

高度目盛をいれ、ほぼ等距離に発生した通常のカラムスプライトを重畳しました。
第60フィールド

発光直前

第61フィールド

ハロー、カラム、細いキャロット

第62フィールド

前フレームの発光が継続しています。

第63フィールド

第64フィールド

新たに西側に発光が始まりました

第65フィールド

巨大発光その1

雷雲直上から電離層まで連続して発光しているように見えます。

第66フィールド

巨大発光その2

位置が北方に移動しています。

第67フィールド

発光は綺麗に無くなりました。

[2005/12/18-19]

強烈な寒気団が列島を覆いつくしました。日本海側では大雪にも関わらず、13日間連続したスプライト発生は止まりました。

今年はスプライトが無かったことがニュースになります。

東京世田谷での12月のスプライト観測数をまとめておきます。

日付 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
17 - 1 - 1 0 0 1 5 5 0 0 0 0 7 3 1 0
北西 13 - 0 - 33 3 0 7 2 2 0 0 0 0 12 17 3 0
西 5 - 0 - 28 3 9 2 9 1 9 1 2 2 19 19 21 0
3 - 1 - 62 6 9 10 16 8 9 1 2 2 38 39 25 0

[2005/12/17-18]

この冬一番の寒気団(上空-42度)に北陸から関東北部まで覆われました。連日のスプライトは続いています。

[2005/12/15-16-17]

連日、30イベント以上の大量発生です。15-16の時刻リスト16-17の時刻リスト

16-17のイベントから幾つか紹介します。この日、uyamaさんはなんと肉眼での観察に成功したそうです。オレンジががった赤いカラムとのことでした。

山口県のしゃあさんも円周上配置のサーキュラースプラライツを観測されています。

M20051217_042816_TK1_S9.wmv

[2005/12/14-15]

連日のスプライト発生が継続しています。

ITOさんが、エルブスの3連カメラ撮影に成功されました、こちらに結果を掲載して下さっています。なんと、赤味がかっているようです。

2005/12/15 00:20:45(JST) 東京の北西で、これまで見たことのないシャワーのような短時間発光現象を観測しました

以下に静止画だけ掲載します。詳細は こちら でどうぞ。

[2005/12/8-9-10-11,12-13-14]

日本海側でスプライトが連日発生しています。カラーカメラによるキャプチャになんとか成功しました。こちらでどうぞ。

東京世田谷からの観測時刻は こちらの各夜各カメラのレポート(流星数をクリックすると出ます)内に時刻が掲載されています。

愛知県一宮高校と、千葉県東葛飾高校の間で、高校生同士による同時観測に成功されたことのことです。こちらでどうぞ。

[2005/12/6-7]

ITOさんが房総沖で67イベントもキャプチャされました。しかもその殆どがRGB3連カメラによる観測です。こちらで素晴らしい合成画像をどうぞ。

UFOCaptureV2のオーディオトリガ機能を利用した同期トリガによって、確実な3台の同時観測を実現されています。

私は北西から西に6イベントキャプチャできました。今年は本当に凄い観測数です。観測体制が強化されているのが原因でしょうか。それとも今年は条件が良いのでしょうか。

[2005/12/5-6]

本格的な冬型となり、北陸地方でスプライトが活発に発生しています。こちらからどうぞ。

山口のしゃあさんも中国地方のスプライトを捉えています。東京との同時観測も成功したようです。こちらからどうぞ。

大阪の上田さん、長野のmasuzawaさんもキャプチャされています。整理が追いつきません。

この夜はこの冬始めての本格的な冬型で、夕方東京は超快晴、富士山や箱根の稜線がくっきり見える抜群の天候でした。

夜になり、冬型が強すぎて、雲が流れ込み、半分近く雲に覆われましたが、北西と西で合計62イベントという記録的な観測結果でした。

西向き6mmが捉えた若狭湾上空のスプライトです。
北西向き12mmが捉えた大群です。
北西向き12mm
北西向き12mmが捉えたこの夜最も綺麗なスプライト群です。

雲が多かったのが残念でした。

[2005/12/4-5]

低気圧が列島を通過しました。三重県桑名のuyamaさんがスプライトのキャプチャに成功されています。こちらからどうぞ。

[2005/12/3-4]

今年のスプライトは凄いです。

観測体制が強化されていることも関係していますが、この10日間で9夜もスプライトが観測されています。

12/03-04 は比較的静かでしたが、各地で落雷が散発し、所謂一発雷の様相を呈しています。

左はこの夜唯一のスプライトですが6mmレンズでもこのように明るく映る強い発光でした。

この発光の継続時間を計ってみました。左は1/60のプィールド毎画像です。50msec程継続しているのが判ります。

[2005/12/2-3]

房総半島沖のスプライトをITOさんが観測されています。こちらでどうぞ。

[2005/12/1-2]

本格的な寒気を伴った低気圧が日本海を通過中で、各地でスプライトが発生し、多くの方が観測に成功しています。こちらでどうぞ。

[2005/11/29-30]

9夜連続の発生です。いよいよ本格的な冬型になりました。東京から西と北で計3イベントありました。

塩尻のmasuzawaさんが、巨大映像をキャプチャされています。

ちなみに、11/30-12/1はスプライトの観測はなく、連続発生記録はこの夜で終わりでした。

[2005/11/28-29]

8夜連続の発生です。日本海を低気圧が西らか東に移動中で、前線が本州を西から東に移動しました。

東京地方、日中は南の風で非常に暖かく、明日から寒気に入ると予想されており、気団の変わり目、全国的に不安定な夜でした。

北西向き12mmカメラが捉えた全13イベントを掲載します。

後半にかってない長さのランニングスプライツが発生しました。

そちらは動画も掲載します。

M20051129_034012_TK1_S9.wmv

ランニングスプライツです。

時刻別のスプライト群です。
高度を仮定した推定発生位置です。

南西へ400km/sesで移動しています。

M20051129_034435_TK1_S9.wmv

こちらは4分後の逆方向へのランニングスプライツです。

こちらはなんとこの視野の東側のカメラにもそのスタート位置が映っていました。

こちらは個々の発光が長めでフレーム間で重複して映っていますが、

移動速度は200km/s程度でした。

[2005/11/27-28]

なんと、7夜連続の発生です。連続観測記録更新中です。

三重県桑名のuyamaさんが、連続スプライト群の観測に成功されています。

ITOさんが、スプライトの全帯域と可視光部分の強度の同時測定に成功されています。部分によって比率が違うようです。

北向き6mmカメラが捉えた

短いカラムスプライト群です。

直前のフレームには雷光と巨大なヘイローが映っていました。

こんなに短い群は珍しいです。

夏季には丸い発光群もあるのですが、これはカラム群のようで、新種かと思います。

北西向き12mmレンズが捉えたカラム群です。

この夜は全国各地でスプライトが多発したようです。東京世田谷からは全体で21イベント記録されました。

単独のエルブスと思われる発光も3イベント記録されています。

[2005/11/26-27]

6夜連続発生です。ITOさんが千葉沖のスプライトを色分解キャプチャに成功されています。

山口県のしゃあさんが隠岐の島周辺のサーキュラースプライト群(5本)を観測されています。

東京世田谷の北西向き12mmカメラが捉えた北陸のイベントです。ようやくこの北西向き常設カメラが威力を発揮し始めました。

この夜は流星、スプライトともに9個ずつという結果でした。

望遠レンズの映りはやはり綺麗です。まるで妖精の乱舞のようです。軸の方向が微妙にブレているのが気になります。

こちらは薄いスプライトのカーテン状の群れです。本当にスプライトの形は様々です。

これで6夜連続の観測成功です。こんなことは過去3年間で始めてです。観測体制が強化されていることもあるのですが、今年は冬型が不安定で気圧の谷が列島を行き来していることが原因していると思います。

今夜からはカメラの体制を少し変えてみたいと思います。

[2005/11/25-26]

5夜連続発生ですが、各地とも透明度が悪く、時刻のみの報告でしたが、新潟のぷるさんが、岩手のスプライトを記録され、掲載されています

[2005/11/24-25]

またまた 連日の発生です。こちらをご覧下さい。

[2005/11/23-24]

連日の発生です。こちらをご覧下さい。

[2005/11/22-23]

東京世田谷東向きカメラに東京から見て東北東仰角20度付近で3イベントされました。

[2005/11/21-22]

列島は寒気に覆われている中、日本海を低気圧が通過し、冬季スプライトパーティになりました。詳しくはこちらを参照して下さい。

ITOさんは3連色分解カメラでのクローズアップ撮影に成功されています。塩尻のmasuzawaさん、埼玉Nさん、大阪の藤原さんもキャプチャされています。

また、円周上配置のカラムスプライト群がキャプチャされました。測定結果が楽しみです。

東京からほぼ真北です。

遠方ですが、ヘイロー付き、中心とそれを取り巻くカラム群の大型イベントです。

昨日から京都など各地で初氷の知らせが届いています。

ここ数日、平年に比べて寒い日が続いています。

距離があるので分光カメラでは無理そうです。

慌ててカラーカメラを向けました。同じ位置に再発れば撮れると思いますが、どうでしょうか。

後になって思えばこのスプライトはズゴイ夜のほんの始まりでした。

上端80km仮定の発生位置推定です。
北西向き12mmカメラ

この夜このカメラでは若狭湾方面の9イベントが観測されました

北向き6mmカメラ

円周上カラム群がまた出ました

このカメラでは新潟方面の12イベント観測されました

このイベントはmasuzawaさんと同時観測になっており、詳細な分析ができました こちらをご覧下さい。

円周上カラム群が頻発しています。こちらこちらも合わせてご覧下さい。

北西向き12mmカメラ
北西向き12mmカメラ
北西向き12mmカメラ
西向き 6mmレンズ

このカメラでは 若狭湾から近畿中国地方北部、のイベントが22個も観測されました

西向き6mmが捉えたこの夜最大の巨大スプライトです。

キャロットが複合して、逆三角形型になっています。

初めて見る形です。

発生地点は兵庫-鳥取県境の北、日本海沿岸と推定されます。

[2005/11/18-19]

またまたITOさんが、東方遠方のスプライトをキャプチャされています。こちらでどうぞ。

[2005/11/13-14]

杉並のITOさんが、房総半島沖のスプライトを多数観測されました。報告はこちらITOさんのWebサイトには月別に各スプライトの詳細な情報が掲載されています。世界一のスプライト画像サイトだと思います。是非ご覧下さい。

[2005/11/10-11]

杉並のITOさん、塩尻のmasuzawaさんが秋田沖のスプライトを多数キャプチャされました。こちらをご覧下さい。

[2005/11/8-9]

この夜、杉並のITOさん、塩尻のmasuzawaさんも観測に成功されています。こちらをご覧ください。

[2005/11/4-5]

冬型スプライトの発生が東京から確認できました。ITOさんが22:39:33に検出され、その後私の所でも検出されました。詳しくはこちらをどうぞ。

この夜、なんと合計13イベントが6サイトで検出され、6つの同時観測がありました。

20:23:50 ぷる
23:22:46 ぷる
23:37:57 masuzawa ぶる
22:39:33 ITO
00:01:05 ITO masuzawa
00:47:38 ITO masuzawa SonotaCo
01:11:27 ぷる
01:17:53 masuzawa ぷる
01:34:35 masuzawa ぷる上村
01:40:43 ITO masuzawa 上村
01:44:56 masuzawa
04:16:34 埼玉N SonotaCo
04:28:24 ITO

詳しくは以下のページを参照して下さい。 ぷるさんと上村さんは初観測です。

SonotaCo Network Forum 1 2 3 , ぷるさんのページ

東京世田谷からの北向きカメラでの観測です。

WAT-100N+6mmF0.8

薄雲で透明度がいま一つでした。

南原点方位で157〜161°仰角13〜17°です。

東京世田谷からの北西向きカメラの観測です。

WAT-100N+12mmF0.8

南原点方位で134〜139°仰角16〜19°です。

[2005/11/3]

前線が東へ通過し、関東は寒い晴れた夜になりました。千葉県銚子沖のスプライトをITOさんが観測されました。こちらです。

[2005/10/31]

フィリピン周辺に台風があり、そこから前線が日本列島南岸に伸び、北からは強い寒気が押し寄せ、日本海側などで天候が不安定になりました。

そんな中、山口のしゃあさんが中国地方内陸のカラムスプライト群を1イベント観測されました。こちらで静止画をご覧頂けます。

[2005/10/22-23]

日本海の低気圧が北の寒気を巻き込みながら東へ移動し、島根沖から東北地方まで各地で雷雲が発生しました。

東京から北向きカメラに冬型のスプライトが12イベントキャプチャされました。

長野県、塩尻で観測されているmasuzawaさんも、9イベント観測され、内4イベントは同時観測になっていました。

masuzawaさんの画像はこちらこちらに掲載されています。横顔、必見です。

栃木県那須岳周辺

masuzawaさんと同時観測になっています

山形県 米沢周辺

masuzawaさんと同時観測になっています

山形県 米沢周辺

masuzawaさんと同時観測になっています

長野県塩尻のmasuzawaさんが、塩尻からの方位仰角を測定して下さいました。

結果、私のデータと合わせてカラムの配置図を描いてみました。

なんと、綺麗に円周上に並んでいるように見えます。以前からなんとなく、可能性を感じていたのですが、今回初めて実測できました。

いったい何故円周上に並ぶのでしょうか。

新たな謎のように思います。

位置測定データです。
栃木県 日光周辺
栃木県 日光周辺
茨城県 笠間周辺
栃木県 宇都宮周辺
宮城県 仙台周辺
宮城県北部

masuzawaさんと同時観測になっています

宮城県北部
宮城県北部
宮城県北部

[2005/10/20]

東京杉並のITOさんが、房総沖南東低空でスプライトを2イベントキャプチャされました。こちらに静止画を掲載くださっています。

高知工科大学の山本さんから 超高層発光現象に関する研究小集会の案内 を頂きました。アマチュアにも門戸を開いて下さっています。ネットワーク社会に相応しいご活動かと思います。

[2005/10/2]

山口県のしゃあさんが、北東方向でスプライト2イベントキャプチャされました。こちらに静止画を掲載くださっています。

埼玉県の埼玉Nさんも観測に成功されたとのことでした。