東京の夜空-2005年5月

このページでは UFOCapture を使って自動キャプチャした流星/雷など夜空の情報をご覧いただけます。観測地は東京都世田谷区です。

統計にはUFOAnalyzer V0.xxを使用しています。使用している観測機材はこちら、その他のキャプチャサンプルはこちら


天候 透明度 WAT100N+6mm WAT-100N + 6mm 詳細 メモ
方角 流星 発光 方角 流星 発光
1-2 × - - 欠測スタートです。今月から両カメラのキャプチャをUFOCaptureV2(開発中)で行おうと思います。そろそろバグが減ってきたので、まもなくベータテストです。
2-3 × N 0 0 0 NW 0 0 0
3-4 N 9 0 0 NW 16 0 0 M_etA極大期が始まっています。
4-5 薄曇 N 10 0 0 NW 1 0 0 M_etAはたった1個に減ってしまいました。
5-6 × N 0 0 0 NW 0 0 0 庭のクビキリギス鳴始めました。去年は4月11日でした。今年の夏は涼しい?
6-7 × - - 冷たい雨が降っています。南にカラーカメラの常設を考えています。
7-8 快晴 N 21 0 0 NW 21 0 0 久々快晴、M_etAは9個づつありました。
8-9 × N 0 0 0 - 南のカラーカメラは夜は殆ど何も映らず、昼は太陽で殆ど真っ白.......
9-10 × N 0 1 0 NW 0 0 0 夜は綺麗!?に雲ってしいます。昼は蝶が舞いはじめました。
10-11 晴>曇 ○>× N 2 0 0 NW 2 0 0 夜半から雲ってしまいました。
11-12 N 5 0 0 NW 6 0 0 北風が入って急に寒くなりました。でも空はいま一つ冴えません。
12-13 × - - V2ベータテストは皆さんのお陰で順調です。でも晴れないと....
13-14 × N 0 0 0 NW 0 1 0 寒い日が続いています。クマネズミ出現!!
14-15 × N 0 0 0 NW 0 0 0 天気がどうにもなりません。近所ではバラが咲き競っています。
15-16 快晴 N 17 0 0 NW 10 0 0 夕立の後快晴になり、久々綺麗な夜空でした。
16-17 薄曇 N 6 0 0 NW 7 0 0 日中五月晴れでしたが、夜は透明度が落ちました。
17-18 薄曇 N 8 0 0 NW 4 0 0 まだ春霞の影響が強いです。
18-19 晴,曇 ○, × N 9 0 0 NW 8 0 0 家が揺れる程の強い南風。透明度は上がりましたが、雲が往来。
19-20 × N 0 0 0 NW 0 0 0 日中南風で夏のような暑さになりました。夜はベタ曇りでした。
20-21 晴,曇 N 5 0 0 NW 8 0 0 雲が多かったですが、やや明るい流星が結構ありました。
21-22 雨>晴 ×>○ N 7 0 0 - 雨だと思っていたら、夜半から晴れたようです。北西は休みです。
22-23 雨>曇 × N 2 0 0 - 北関東で雷雨!!が東京も雲に入り恒星が全く見えませんでした。
23-24 × - -
24-25 × - - 夕方から雨という天気が続いています。昼は清清しいのですが...
25-26 N 3 0 0 NW 2 0 0 ほぼ晴れていたのに流星は殆どない珍しい夜でした。
26-27 雲,晴 N 2 0 5 NW 4 0 0 西で火球、北北西でスプライト、北北東でM_etA0等などありました。
27-28 薄曇 N 4 0 0 3.8W 2 2 2 本日より北西6mm(S6)を西向き3.8mmレンズ(S3)としました。
28-29 薄曇 N 7 0 0 3.8W 6 0 0 コメントが思いつかない平凡な春の日でした。
29-30 × N 0 0 0 3.8W 0 0 0 ベタ曇り、夜明けから雨になりました。
30-31 × - - 結構な雨量でした。明日の夜空が楽しみです。
31-6/1 晴>曇 ○>△ N 4 0 0 3.8W 0 0 0 夜半から雲が出てしまいました。折角の雨上がりが残念でした。6月に期待しましょ

レポート作成日には方角欄をクリックするとHTMLレポートがご覧いただけます。同時流星検出用 M.CSVはSonotaCo.JPへ掲載します。


[2005/5/27-28]

梅雨末期の夏季スプライト観測に備えて観測体制の変更を考えています。6mmレンズを分光用に使用するため、西側は3.8mmレンズにしました。一日早くこの体制にしておけば、昨日の連発火球も2つとも綺麗に撮れていたのではと思うと、少し残念です。

最近西側では塩尻のmasuzawaさん、能登半島先端の室石さんが観測しておられ、こちら方面の同時観測がさらに増えることも期待できます。

3.8mmレンズなので、6mmレンズより小さく映ります。視野でいうと6mmレンズは横約60度ですが、3.8mmは90度です。左は昨夜キャプチャされた-2〜-3等の流星だと思います。

昨夜は恒星が殆ど見えない天候だったので、まだ分析パラメータが確定していません。しばらくは誤差が大きいかもしれません。

[2005/5/26-27]

動画: M20050526_205230.wmv

この夜、東海地方から近畿地方で2つ連続して大きな火球があったようです。

これはその後者の火球の出だし部分と思われます。

そういえば、隕石落下が濃厚と言われる3/20も2つの火球が連続していたそうです。興味深いです。

こちらは北向きカメラが捕らえたM_etAと思われる流星です。

もう5月も終わりに近いですがまだ流れているようです。

この夜は北北西ではスプライトもあり、印象的な夜となりました。

スプライトの画像はこちらでどうぞ。

[2005/5/15-16]

夕方激しい雷雨があり、綺麗な空になりました。

雷雲はその後東に去り、銚子沖太平洋で多数のスプライトを発生させ、ITOさんが数十個キャプチャに成功されています。

我が家のカメラの方向には綺麗な夜空が広がり、M_etAを含む綺麗な流星が沢山キャプチャできました。

左は北向きカメラのものです。

こちらは北西。夜半過ぎに月が沈むと綺麗な夜空になりました。

[2005/5/7-8]

北向きカメラが捉えたマイナス等級流星の集合写真です。

M_etA のマイナス等級か3つ含まれています。

ゴールデンウィークの終盤、綺麗な空でした。

近所では桐の花が満開です。

北西向きカメラが捉えたマイナス等級流星の集合写真です。

UFOCaptureV2が出力するピークホールド静止画をさらに

photoshopで重畳して作っています。

昨夜両カメラで捉えた流星42個のトレイルマップです。

最近に各地で観測される方からのデータが急に集まるようになってきました。

長野のmasuzawaさん、新潟のぷるさん、石川の室石さんなどです。従来からの埼玉のts007さんと埼玉Nさん、東京のITOさんなどと合わせるとこの殆どの軌道が精度よく計算できそうです。素晴らしいことになってきました。

[2005/5/3-4]

M20050504_015753.wmv

北西向きカメラで捉えた M_etAです。

WAT-100N+CBC6mmF0.8

BBCTV-D1PR + UFOCaptureV2(未公開版)

でのキャプチャです。

北と北西の両方のキャプチャ結果をUFOOrbitで

単点観測の集合トレイルマップを書いてみました。

青い+は間隔で位置決めしたので少し上だったかもしれません。

とりあえず、エータみずがめ座流星群、今年もはっきり出現しています。