2003年12月に東京の北の空でキャプャされた流星

このページでは UFOCapture で自動キャプチャした2003年12月の流星情報をご覧いただけます。

統計にはUFOAnalyzer V0.xxを使用しています。まだ出来たてのプログラムなので、群の判定、光度などはまだ信頼性が殆どありません。

ただ、時刻だけは正確なので、同じ時刻に流星をキャプチャされた方は是非掲示版の方へご連絡ください。残っていればクリップを掲載します。観測地、カメラ方向などは各日のレポート内profileを参照して下さい。


Capture Report

日付INDEX 2003/12/

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31


[12月サマリー]

2003年12月は天候不良で観測できなかった7日間を除いて24夜観測しました。

この間の東京の北西の空でキャプチャされた総流星数は1454個でした。このおよそ半数はふたご座流星群の3日間に観測されたものです。

以下に日別流星キャプチャ数と時間帯別流星キャプチャ数をグラフにしました。天候の影響を無視しているので、あくまで参考としてご覧下さい。

UFOAnalyzerのレポート機能により、全流星の発生時刻を毎日掲示するという大胆な試みでしたが、結果、20個程の流星について同時観測のご報告を頂き、複数の流星について軌道計算して頂けました。中には、一晩で10個も同時だったという例もあり、今後、同時流星観測が一挙に増加するという実感がわいてきました。今の所、火球レベルの同時観測が主ですが、今後は大量の小さい流星についてもその軌道計算が可能になることも確実です。そうなったら、いったい何が起こり、何が判ってくるのでしょうか。

また、大阪、宮城、といった遠く離れた地域の方と同時観測が実現できたことも嬉しかったです。空が繋がっている実感というのを初めて持ちました。同時観測は、軌道の計算が可能になることはもちろんですが、キャプチャした流星の知らない横顔を見ることができるような気がしてとてもワクワクします。

レポートの掲載は、新たに2004年1月のページを作り、もうしばらく続けたいと思っています。またよろしくお願いします。


12/31-1/1 19-06(42) C20031231_S2.html

12/30-31 ----- 曇り

12/29-30 17-06(51) C20031229_S2.html

12/28-29 17-06(39) C20031228_S2.html

12/27-28 17-06(39) C20031227_S2.html

12/26-27 ---- 雨

12/25-26 18-06(39) C20031225_S2.html

12/24-25 18-06(21) C20031224_S2.html

12/23-24 17-06(39) C20031223_S2.html

12/22-23 17-06(44) C20031222_S2.html

12/21-22 19-06(36) C20031221_S2.html

12/20-21 22-06(29) C20031220_S2.html

12/19-20 18-06(17) C20031219_S2.html

12/18-19 ---- 曇り

12/17-18 17-04(25) C20031217_S1.html

12/12-16日の全データログ

データのご要望があったので、12日夜から16日夜までの全ログプァイル(UFOAnalyzer出力のもの)を置いておきます。CSVファイル群をLZHにしてあります。どうぞ流星研究にご活用下さい。短期間の700個程の流星のデータが入っています。

中でX1,Y1が検出開始点の画面内座標で、X2,Y2が検出終了時点の画面内座標です。開発途中のものなので、Bmaxなど日によって算出方法が異なるものが含まれています(座標は大丈夫です)。まだ各項目の説明等は作っていないので、不明な点などは個別に掲示版へお尋ね下さい。

UFOLog.lzh (77KB)

12/16-17 17-06(42) C20031216_S1.html

12/15-16 18-06(77) C20031215_S1.html

12/14-15 18-06(254) C20031214_S1.html

12/13-14 18-06(296) C20031213_S1.html

12/12-13 17-06(155) C20031212_S1.html

12/11-12 ----- 雨

12/10-11 17-03 (26) C20031210_S1.html

12/09-10 20-22 (4) C20031209_S1.html

12/08-09 17-06 (52) C20031208_S1.html

12/07-08 -----

12/06-07 21-06 (47) C20031206_S1.html

12/05-06 -----

12/04-05 22-02 (11) C20031204_S1.html

12/03-04 20-06 (54) C20031203_S1.html

12月28日に判明したのですが、この日のキャプチャには掲示版に書いて下さっている浦和の清水さんとなんと一晩で10個も同時流星の可能性があるキャプチャがあったそうです。以下はその中から、比較的大きめだったため、DVDに保存してあった3つのクリップを掲載します。清水さんがこの同時流星の静止画を送付して下さいましたので、清水さんによる解析結果とともに掲載します。

東京都世田谷区からの撮影 茨城県浦和市からの撮影(清水真澄さん提供)
M20031204_020319.wmv

清水さんによる解析結果

α= 78°δ=+25°χOri群(N)

M20031204_023209.wmv

α=120°δ=+ 6°σHya群

M20031204_043738.wmv

α=122°δ=+ 4°σHya群

12/02-03 -----

12/01-02 04-06 (13) C20031202_S1.html